スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
P60互換モジュール+Ver5.1cまたは5.1b調光チップの製作備忘録
P60互換モジュール+Ver5.1cまたは5.1b調光チップの製作備忘録

CIMG1856 - コピー
左から
 XPL V5 1A 6500~7000K 1.1mm高熱伝導銅基板 8x7135
 XML2 U3(U5) 1A 6500~7000K 1.7mm高熱伝導銅基板 8x7135
 XML 8x7135
 NVSL 219B SW45 D220 / 4x7135-1.5A
 NVSL 219AT-H1 / 4x7135-1.5A

CIMG1673 - コピー_R
エポキシで信頼性向上

CIMG1679 - コピー_R
フライパンリフロー

CIMG1681 - コピー_R
テスターで極性確認

P60熱伝導向上スペーサー
P60ダイレクト熱伝導の構造(スプリングは外し、スペーサー追加)

CIMG1878XPL_R - コピーCIMG1863XML2_R - コピー
XPL , XML2
XPLは小さいので集光が強めで遠射向き。反面、近~中距離だとスポットセンターが眩しいです。
XML2は大きいためスポットが広めになり、近~中距離で使いやすいです。
スポンサーサイト
【2015/11/09 17:29】 | 調光チップ in P60互換ドロップインモジュール | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
P60互換ドロップインモジュール with 調光チップ5.1bの作り方(備忘録)
P60互換ドロップインモジュール with 調光チップ5.1bの作り方(備忘録)

1 KD 8x7135のコンバータを買う ただしV2はだめ。
2 マイコンを外す。(コの字形小手先使用)
3 搭載マイコンをプログラミング(または換装)
4 初期HEXデータ書き込み
5 動作確認。クリック時点灯仕様の場合は、明るさ確認。(例えば明るさ1とか)
   18650+XM-L・日亜なら大抵はたぶん1でOK。
6 マイコン半田付け。
7 LEDに行く線を付ける。配線根元エポキシ補強。DCコンはめ込み。外周マイナスをモジュールに半田付け。
  (モジュールスプリングは外す。)
8 LED付きPCBにグリス&半田付け。(エミッタ半田付時はリフロー)
9 配線にエポキシ(省略可)、すぐに絶縁シート貼り付け&リフレクタねじ込み

10 スプリングを外してヘッドが閉まりきらないように、ヘッドに自作プラリングセット。
   締めてヘッドとボディの外側隙間確認(1.0~1.5mm)
   隙間が足りない場合は自作プラリング厚み変更。
   リングはL2Pなら3mm厚ぐらい。
   Oリングだと逃げやすく圧かけられないのでプラがいい。

  ・リフがボディに当たる場合はしっかり締める(熱伝導のため)。(ふつうこちら)
    (ヘッド締め付け力の伝達は ヘッド→リフ→モジュール→ボディ)

  ・モジュールがボディに当たる場合(普通は無い)は、LEDを押す圧力が少し増えるので注意。
    (モジュールのねじが緩む方向に力が働く)
    LEDを押す力=モジュールねじ圧(組み込み時)+ヘッド締め付け力ーヘッドねじ圧+電池圧

11 ヘッドとボディの隙間に27x1.5mmグロウOリング(ごみたまり防止)。
CIMG1669b.jpg
【2015/08/30 20:20】 | 調光チップ in P60互換ドロップインモジュール | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
▼ P60熱伝導改善リング
▼ P60ドロップインモジュール熱伝導改善リングの製作(旋盤加工)


『ドロップインモジュールのスプリングを外した状態で、ヘッドが締まり切るライト』
 は、リフレクタがボディから浮いていて、スプリングでマイナス通電しています。
 よってモジュールからボディーへの直接の熱伝導がありません。(間に空気がある)
 しかも電流はスプリングを介して流れるので抵抗ロスがあります。

それならリングを入れて、
『ドロップインモジュールのスプリングを外した状態で、ヘッドが締まり切らない』
ようにすればいいのではないか・・・。すると、ヘッドとボディが直接密着し、(スプリングは抜く)
モジュールからボディーへ直接の熱伝導ができます!
マイナス通電もスプリングを介さず、ボディからモジュールに直接流れます!

探し当てたのがホームセンターの22番Oリングと16番ガスケット。しかし、光が一部ブロックされ、すき間も多めだった。
そこでピッタリを製作してみました。

P60熱伝導向上スペーサー

まず1本目を試作→すき間測定→2本目は最適な厚みに。  1.jpg 
▼わずかなすき間を残して、「締まり切らない」。               
2.jpg  
これでリフとボディが密着。 電流もスプリングを介さず抵抗減。

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

【2011/01/02 12:16】 | 調光チップ in P60互換ドロップインモジュール | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
SUREFIRE 6P - G&P Head-LuxeonV-Li-ion
6P

LEDがだめになったG&P製5Wヘッドfor SUREFIRE 6Pを直しました。

LuxeonV-WY0Sに換装し、ついでにコンバータもDB700(700mA)にしました。
 WY0S:
  W=147.7~192.0Lumen
  Y0=8000K Typical CCT
  S=Vf 5.91~6.39V
DBはG&Pのノーマルコンバータはよりも直径が小さいため、アルミでスペーサーを作ってヒートシンクに入れました。(写真-上左)
エミッタのサイズが若干異なりヒートシンクの凹みに入らなかったので、ヒートシンクを若干旋削しました。
焦点が合わなかったため、アルミでスペーサーを作りました。(写真-上右)

というわけで、LEDの交換のつもりが、多少手間がかかってしまいましたが、ノーマルよりだいぶ明るくなりました。
オレンジ&Vなので、若干広がりのある中距離向きスポットです。
こうしてみると、何となく防水米国シリーズっぽい...。

テーマ:電動ガン、エアガン、ガスガン、ミリタリーグッズ、サバイバルゲームグッズ - ジャンル:趣味・実用

【2007/01/08 17:15】 | 調光チップ in P60互換ドロップインモジュール | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。