スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
2AA MAG Cree XP-G R5 neutral white Ver3チップ Li-ion
XP-G Neutral White 3C(4750~5000K) をミニマグに入れてみました。
熱伝導UPを狙い、基板ごと使用。基板の下は5mm厚ヒートシンクです。
Cree_XP-G 2AAMag 022_s

エミッタが小さいため、リフレクタが配線を押すことになり、メッキによるショートが心配。そこで絶縁シートを貼付けました。
Cree_XP-G 2AAMag 023_s

フルHiではもの凄い明るさ! 電流からすると300Lumen以上368~392Lumen(bulb)出ていると思われます。
マグは、インテリアに溶け込むデザインで、リビングやデスクにも合い、誰の前でも使えるライト、な感じです。
★ 083s

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

【2010/10/07 18:47】 | MAGLITE改造 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
マグ with Cree

Cree-P4ランクをミニマグカットダウンに入れてみた。


HeatMag
 ヒートシンクはピストンヘッド構造にした。おもわず研磨したくなる...。8000番で研磨した(実はそれより大きい凹凸成分つまり歪みの方が精度が怪しいわけだが。) 少しでも熱伝導が良くなることを期待して、ピストンとシリンダーのすき間は少なくしたが、あまりぎりぎりにすると、上面でのボディーへの密着度に問題が出る ので(なぜなら直角が誤差ゼロのはずがないから)、わずかなすき間は設け、また実際に入れて上面の密着は確認した。


Heat bench BatPlus
 調光化MiniProを入れた。今回はエポキシ封入はしないでみる。 GNDマイクロスクリューは内側から基板と共締めとした。


CreeMod2
 Creeの裏極無効化は、このような治具=穴の開いた台にセットしてリュータで削った。マスキングテープはドームへの粉塵の付着防止。実はスルーホール部分を削ればよいだけのような気もするが(CPFの写真で見ての予想)、中途半端も何なので全部削った 。スルーホール部分には瞬間を垂らして念のため絶縁した。


 Body
 Creeとボディが干渉するため、ボディの一部をリューターで削った。Creeを削るという手もあったが、リフを締めた時の回り止め、つまり配線引きちぎり防止にもなるかと思ってこのようにした 。なお削った時に裏側にバリを残すと、ピストンヘッドがボディに密着しなくなり熱伝導が悪くなるので、リューターのビットを使って手作業でバリを取った。

 Creeはシルバーグリスで貼っただけにしたから、リフで押す必要がある。 SO20XAは、かなり削ってCreeがスラグごと入るまでになったらやっと焦点があった。しかしこれではリフがスラグを均一に押してくれないので、エミッタのヒート シンクへの密着が不均一・不十分になる。そこでグローシートを噛ませた。

 実はリフで強く押し過ぎると、ヒートシンクとボディの圧着が弱くなって熱伝導が悪くなる。かといってリフからの押しつけが弱いとグリス部が厚くなり、エミッタ→ヒートシンクの熱伝導性が悪くなる。だからヘッドの締め具合はシビア。したがって本当はエポキシ貼りがいい。しかしCreeはすぐに良BINが出る可能性もあるので、シルバーグリス式にした。

 リフとしてMcR19XRも良さそう。というのも、ドームのアルミ枠を直接押してくれるからエミッタを均一に押しつけられる。アルミだから放熱性も良い。リフの外周が太かったので旋削した。ところが長さも長く入らない! カットしようかとも思ったけれど、オレンジであるMcR19XRよりもSO20XAのほうが中心照度が高かったので後者を採用した。


Fin ss

 Cree P4版Huntlightより明るい。1.5Aぐらいらしいから、たぶん200lm(Bulb)ぐらい。凄いLEDだ。ムラはあるが、強いスポットになり、遠射向きになった。


 DOP-11MG
 ついでにDOP-11MGにもCree P4(Star)を入れた。リフはノーマルリフを加工して焦点を合わせただけ。



【2007/01/25 21:50】 | MAGLITE改造 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
マグwith豆電球型LED
2AAAマグに豆電球型LEDを入れてみました。ノーマル同様にヘッドを締めるとONで、焦点調節ができます。
Mag2AAALED


口金にテープを巻いて装着します。
2AAA_Draw
テープにはセロテープ幅のPPテープを使用しました。(手に入らない場合はラジコン用のヒンジテープも可。)お好みに応じて、焦点合わせワッシャを入れます。

電池は1本だけ入れ、スプリングをダミー電池としてマイナス側に入れてテールキャップをします。
Mag2AAAspring

使用したLEDはMJLEDで、両極性コンバータをジャンパー改造して(定格外・自己責任)使用しました。
Mag2AAAHead
リフレクタはノーマルのものを穴を広げて使用しました。ヘッドを回して焦点を合わせると、ソリテールよりも良く集光します。

2AAAmagPurple
装着してある紫MAGが行方不明です。いったいどこに?
【2007/01/21 09:37】 | MAGLITE改造 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。